ウルウルの幸せは、∞に・・

アセンションとは、みんなが「愛で一つ」の、ワンネスに成ること。それは、ウルウル・・の幸せから。

アセンションとは!?

 

アセンションとは!?

 

アセンションとは、【次元上昇】と訳されることが多いと思いますが、

その実態・中身とは!?

 

それに関する情報は、あまり見当たらない、と感じますが、どうなのでしょうね!?

 

ともあれ、アセンションの実態・中身、これこそが私の体験として、

みなさんにお伝えしたい!と感じることです。

 

はい!!!

 

アセンションとは、

 

【体験】し、

 

その【体験】から自分の真実として【真理】に気づき、

 

【成っていく】こと=意識の周波数を上げていくこと!!!

 

 

f:id:amenokagami:20171004114803j:plain

 

 

 なので!!!

 

何も取り組んでいないのに、

 

ある日、目が覚めると、((゚Д゚;)

 

すべてが輝く世界に次元上昇していた!!!!!!\(^o^)/

 

とは、いかない!!!!!!

 

 

のだと、9年の学び ⇒ 実践で、肝に銘じた私です。^^;

 

※ある日突然、光り輝く世界になることを期待していたのは、過去の私です!( *´艸`)

 

 

 

アセンションするには、まず

 

「私は、アセンションします!」

 

との明確な意志をもってアセンションの門を叩き、

 

【その道に入る、入門する】ことから始める、自主参加型なのだと知りました。

 

 

えっ、そんな門があるの!?

 

どこ??? どこ???

 

って、思いますよね!

 

 

では、お伝えしましょう!!!!!!

 

アセンションの門が、どこにあるのか!!??

 

それは・・・、

 

どこにもありません!!!(*´▽`*)

 

 

( ;´Д`) ええっ!!!???

 

 

ビックリ、ガッカリ・・の声が聞こえてきそうですが・・。

 

 物理的にあるのでは、ない!ということですね。^^

 

その門は、

 

「私は、アセンションします!」

 

と、高次に言挙げ・誓約(うけい)をする、ということ。

 

それが門を叩いたことになるのでした。

 

 

なぜならアセンションとは、宇宙の目的でもあるので、

高次との協働作業・コ・クリエーションで進めていくことで、

まずは高次に対し意志表示、つまり「参加します!」と明確にコミットメントする、

ということからスタート・・・となっているようなんです。

 

高次に言挙げしたら、そこからが、アセンション道の始まり!

 

 

では、何を始めるのか!?

 

たくさんありますよーーーーー!!!

 

 

アセンションとは、【進化】ともいえ・・、

となると、次に「進化とは!?」という命題にぶち当たりますが・・。

 

宇宙全体は、常に進化していると思いますが、その進化の方向性とは!?

 

それは、ズバリ!!

 

  

   f:id:amenokagami:20170927124329j:plain

 

 

であると、私は、強く、強く、思います!!!

 

 

 

 

なぜ、進化の方向性が「愛」だと感じるのか、というと、

 

例えば・・

 

親や教師、世間に反発・反抗し、投げやりな生活をしていたAくんがいたとします。

 

     f:id:amenokagami:20170929142150j:plain

 

自暴自棄の時もあった中、何かのきっかけで「これではいけない」と、社会に出て楽しく、まじめに働き始めます。

 

その後も色々と紆余曲折ある中、いろんな人との出会い、出来事があり、それらの体験から学んだり気づくことがあり、反発・反抗していた親や教師・世間に対する意識も変わっていきます。

 

反発しか感じてなかった親や教師のことを理解できてきたり、観えていなかった『愛』が観えてきたり・・。

 

いつの間にかA君は、地域ではなくてはならない、子供たちにも、大人たちにも人気の名物「爺さん」になっていて、人生とは・・と酒酌み交わし、若者に優しく語っていたりして・・。

 

   f:id:amenokagami:20170929142240j:plain

 

 

みんなにとって無くなてはならない人として、慕われるようになっていたりして・・。

 

 

とか、なんかちょっとしたドラマになりそうなことって、ありそうですよね。

 

 

A君を観ると、A君の人生そのものが学びの場で、様々な体験を通し、人として成長していった。

 

 

その成長の方向性、基準を観ると、『愛』を学んだのだといえるのではないかと。

 

思春期の頃は、感じられなかったり、うざく感じた親や教師、大人の「愛」。

 

その後の様々な場面での人とのつながり・関係の中、「人として」より良い方へと成長していった。

 

 

人として、成長する。

 

それは、

 

◎自分以外を思いやる心がある

 

◎広い視野を持ち、偏らない考え方ができる

 

◎どんな場面でも真理・真実にかなったみんなのための判断ができる

 

◎誰に対しても変わらぬ心のこもった態度である

 

・・などなど、

 

誰が接しても気持ちよく、楽しくなれ、一緒にいて幸せになれるような人になることなのでは、と私は思います。

 

 

そしてその根底は、やはり「愛」!!!

 

どれだけの「愛」であるのか、なのではないか、と私は感じるのです。

 

 

それが極まってくると、マザー・テレサガンジーのような、

誰が見ても、どこから見ても【偉大な愛の人】にまで、人は進化できる!

 

のように、やはり、進化とは、愛の拡大、愛に成ることと感じます。

 

まさにアセンションとは、愛を拡大し、周波数を上げ、

意識・存在としての次元を上げていくこと!!!

 

と。

 

 

A君のようにアセンションを知らなくとも、多くの人は死ぬまでの間に何かしら学び、

【永遠の自分である魂】としての進化をしていくのだと思います。

 

宇宙全体が、常に進化しているように、すべてはその一部として進化していく。

 

 

さらにアセンションを目指すのであれば!!!

 

先にも書いたように明確たる意志が必要で、その目指す【進化の度合い】も並大抵ではあきまへん。

 

もう、目いっぱい、普通の人の1000億倍くらいの【進化】を目指す強靭な意志と、

探求し、実践し、やり遂げる意志が必要です!!!

 

片手間でやれることではなく、「人生をかけたワイフワーク」をも超えた!!!

 

永遠の自己として取り組む【宇宙規模のミッション・目的】の具現ともいえるものだと、感じています。

 

自分という存在は、この宇宙に生まれた時点から、『中今』の最終アセンションを成就させることを目的としていた!!!

 

と、壮大なことをアセンションを体験する中、感じ、思い出してきました。

 

そして、この宇宙自体の目的も、

アセンションした人=次元上昇した人を生み出すことなのだと理解してきました。

 

次元上昇した人とは!?

 

それは、高次の自己、ハイアーセルフと一体化した人と言えると感じ、

 

その最高峰は、神と人が一つになった【神人(しんじん)】になること!!!

 

だと、中今取り組んでいます。

 

 

 みなさんも、アセンションを明確に目指し、ワクワクで取り組んでいきませんか!?

 

 

 

 

 

 

チャクラ活性化の目的 7

 

チャクラについての基礎的なことをまとめてきましたが、

では、いったい、何のためにチャクラについて学び、活性化させるのか!?

 

ということが、次の超重要ポイントとなってくると思います。

 

Why ???

 

なぜ???

 

それは、アセンション=進化>の方向に合った人・自分になってくる から!

 

と同時に!!!

 

潜在的な能力が開花される、ということが重要なのでは!?

 

と私は思います。

 

 

チャクラが活性化されてくる中で、最も重要なものが、


『ハイアーセルフ・高次と真につながり、常時チャネリング状態になる』


能力です!!

 

 

更に、つながるだけではなく、ハイアーセルフと一体化する!!!

 

ことだと、アセンションを学び・実践する中で、実感してきました。

 

※これについての詳細も、いずれ書きたいと思います。

 

 

その他、

 

エネルギーの感知能力 (感じ、サニワし、発する能力)が上がり、

 

人や場・空間(部屋・地域・日本・地球・宇宙)のエネルギー状態が「わかる・感じる」ことができるようになり、

 

それに対し必要な調整も行えるようになる

 

と。

 

 

つまり、

 

チャクラが活性化すると

 

 

●地球・宇宙に真に必要なライトワークや神事が、できるようになる!

 

   

●高次存在とのつながりが太くなり、チャネリングやアカシック(宇宙の叡智)の情報を得ることが容易になってくる!

 

    

●ヒーリング能力や言霊による真のコミュニケーション能力なども高まってくる!

 

   ↑ 

●グラウディングし(地に足がつい)て、3次元(物理次元)での現実化パワーも高まり、高次から受けた意志を、実際の形として推し進める力ができてくる!

 

 

以上のようなことが、個人の特性・アセンションの段階に応じ、適宜起ってくるのを感じます。

 

※私自身もまだまだ強化し、シフトしていくことが必要ですが、学び、実践する「befor  &  after 」で観ると、かなり変化していますし、共に進んできた人達もそれぞれのペースで、シフトしているのを感じています。

 

 

 

更に、チャクラが活性化してくると、肉体に近いレベルから倍音で響き合うようになり、ミクロからマクロまでオクターブで響くチャクラとなり、アセンション・ライトワークにおける無限のレベルや次元に対応できるようになってくるとのこと。

 

ですので、アセンション・ライトワーカーにおいては、その状態まで活性化することが最終的に必要とされています。

 

そのためにも、何事も、その土台となる基礎が重要というわけですね。

 


そして!!!

 

ここでみなさんにしっかりと理解して頂きたいことは、上記のような

 

能力がなぜ、開花されるのか!?

 

です!!

 

 

アセンションとは、

人・地球・宇宙への奉仕であるライトワークを通じて行う

ことであり、

 

それが宇宙の法則である!!!

と、高次が強く伝えています。

 

 

 

つまり、

 

宇宙に贈ったものが、贈られる

 

ライトワークするから、アセンションする!

 

ライトワーク → アセンション

 

 

それは、自分以外への、愛と光の発現・奉仕であり、「愛と光の意志」がそれを推進・創造する力となると思います。

 

その意味も含め、

 

すべてのチャクラの中で、その中心に位置する

 

      f:id:amenokagami:20170927110950j:plain

 

「愛」を司るハート が何よりも重要 であり

 

最初に活性化されることが必要・必須!

 

ということ、理解いただけるのではと思います。

 

 

 

そして、

 

「愛」のハートチャクラが活性化すれば、すべてのチャクラが活性化する

 

 

つまり、

 

ハートがその他全チャクラの「鍵」を握っている

 

ということを、私は実感します。

 

 


アセンションの道が 愛に始まり、愛に終わる のであれば、

 

愛を司るハートが、すべてのベース!!

 

全チャクラのセンター(中心)!!

 

ですね。\(^o^)/

 

 

f:id:amenokagami:20170927124329j:plain

 


ハートが開き、愛がすべての根底になった時、

初めて他の全チャクラが、真に生きた働きを始める!!

 

 

そうでない場合、誤った方向にその力が働く危険性がある!!!


(受け取る情報がブレる、依存関係を築く・・など。)

 

ということだと思います。

 

 

自己の進化は、まさに、

ハートに始まり、ハートに終わる!!

なんと素晴らしい愛のシステムだと、思いませんか?

 


まずは、ハートが活性化し、


自分自身が「愛・光・歓喜・調和」のエネルギーになれるよう、

 

あなたの意識の中心を、あなたのハートに置いて、


毎瞬・毎瞬を!

 

24時間を!

 

過ごすことから始めてみませんか!!

 

 

 

と、ここで終わりたかったのですが・・。


アセンションの最終段階となった今、地球とつながる=グラウディングするための第一チャクラ・ムーラダーラもますます重要なチャクラとなっていますので、そのあたりを追記します。

 

なぜムーラダーラなのか!?

 

アセンションは、ライトボディになって、またはUFOに乗って、何処かに飛んで行ってしまうものではなく、物質次元のこの三次元、私達の肉体を通してアセンションすることだからです!!!

 

それが、宇宙期最大・最終アセンションの重要ポイントだと、高次が強く、強く、訴えています。

 

大地にしっかり着いた足で立ち

 

愛の中心・ハートを開いてアセンションを選択=アセンション・スターゲート・オープンすれば、

 

ハートを中心に高次の愛が地上に溢れだし、

同じ愛の人どうしの愛の共鳴が起こり、

その共鳴に共鳴した更なる愛の人が増えていく・・。

 

そうなることでこの地上・地球もすべて伴って


愛と光、


歓喜と幸せ


笑顔が絶えない


地球にアセンションする・・。

 

     f:id:amenokagami:20170927135319j:plain

 


そんな光景をイメージすると、ワクワクしてきませんか!?

 

 

ぜひ、何かハートが反応した方は、チャクラの活性化に取り組んでいただければ、そしてみんなのアセンションのためのライトワークをできるところから少しづつ始められることを願っています。

 

f:id:amenokagami:20170927134047j:plain

 

 

 

 

 

 

アセンション・スクールのチャクラ活性化法は、インストラクターの責任の下、伝授されます。

 

 

 

 

 

 

 

各チャクラの働き その3 6

 

それでは、残りの三つについてです。

 

 

 f:id:amenokagami:20170926211544p:plain

 

 第五 ヴィシュッダ(スロート)チャクラ 

 

「自己表現・創造性・コミュニケーション」のチャクラ

 

自己責任・自己表現力・社会適応能力・夢を追うこと、表現としての創造力。

 

科学的な思考ともつながっていて、高次より受信した真の科学的叡智を自己表現する働き。

 

参考司神 = シリウス・ハイラーキーなど

 

スロート(のど)では、ハートとつながったコミュニケーションとなり、心を込める・愛を込めるなど、調和や優しさを意識的に表現する言葉や、話すときの自分の声に耳を傾けることもチャクラの活性化につながってくる。

 

活性化すると、人との理解力が高まり、色々なバランスがとれて感情に振り回されなくなり、望む現実の創造へと向かえる。

 

不活性だと、口下手・意見を言えない、猜疑心・臆病・社交性がない。

 

 

 

 

 

 f:id:amenokagami:20170926212354p:plain

 

 第六 アジナー(額・第三の目)チャクラ 

 

「直観力・洞察力・叡智」のチャクラ

 

ひらめき・直感・インスピレーション・知性・集中力・内的ヴィジョン・深遠さ・霊感など。

 

人生の実体験と、自己を切り離し、物事を客観的に観る視点との両方を通して叡智を身に着けていく。

 

参考司神 = 惑星司神 サナート・クマラ、St.ジャーメインなど

 

アセンションにおいては、宇宙の叡智・アカシックとつながり、高次の情報にアクセスできたり、浄化や癒しの力があり、真理を観、発現する力などと関連する。

 

※サイキック能力などともかかわるチャクラですが、アセンションの観点より、まずは愛を司るハートチャクラの活性化が先で、その後アジナーを活性化することが個人と全体のバランス・進化にとって重要です。

 

活性化すると、インスピレーションが冴え、良いアイディアが浮かんだり、第6感が働いたり、先見力や直感力、自己コントロール力・感情の成熟度が増す。

 

不活性では、頭がぼんやりしたり、真実を見極めにくくなったり、視野が狭くなったり、目の前のチャンスをつかみにくい。

 

 

 

 

 

 

   f:id:amenokagami:20170926205625j:plain

 

 第七 サハスラーラ(クラウン)チャクラ 

 

「直感・高次の意識・霊性」のチャクラ。

 

人間の意識と宇宙を結ぶ役割がある。

 

高い次元の意識の発揮、自分を受け入れる、人道主義、自己犠牲の心、信頼、倫理、閃き、霊性、大きなパターンを見る力、信心、献身など。

 

本格的に上の周期、オクターブ、高次とつながる光の柱、ゲイトでもある。

 

参考司神 = 太陽神界、大天使ミカエル、アシュターなど

 

高次の愛・光の源とつながり、この肉体の「私」だけでなく、すべての根源である「愛と光」につながった、「宇宙と一体化した一部である」という「自己」に至れる。

 

活性化していると、ハイアーセルフとのつながりができ、直感が冴え、人生に対してわかっている、知っているという感覚を持ち、内側は深い安らぎの中、本来の魂へと自然に導かれていく。

 

不活性だと、頭痛、狭い意識、物質だけの価値観に振り回され、わがままになる。

 

 

 

以上、大まかな7つのチャクラについてのまとめでした。

 

 

 

これらを参考に、ご自身の各チャクラに意識を向けられ、一つ一つがどのように感じるか、楽しくチェックしてみることから「チャクラの活性化」をスタートさせてみてはいかがでしょう!?

 

 

 

 

 

 

 

 

各チャクラの働き その2  5

 

各チャクラの働き、その2です。(*´▽`*)

 

その1は、「チャクラとは!? 4」の後半にあります。

 

 

 第三 マニピューラ(太陽神経叢)チャクラ 

 

「私とは何であるか」「内面の力」に関するチャクラ

 

人間としての進化・アイデンティティ(自己同一性)といった、根幹的な自己との一体感。

 

個人の意志・信頼・自己受容・自己責任・自尊の念と関係がある。

 

喜怒哀楽の感情、感受性、達成能力を司っている。

 

参考司神 = 宇宙(ハイアーセルフ)連合

 

本来は「歓喜」のエネルギーの中心で、自然界とつながるチャクラ。

インナーアースの愛と光の4Dなどともつながる。

 

活性化していると、自分自身の価値を認めることができ、やるべきことを責任を持って達成する力がある。

 

平均的な人間の意識の中心はまだこの位置にあり、マイナスに働くと旧人類の集合意識や、低次の霊界、エゴのエネルギーなどとつながるので注意が必要。

 

不活性だと、正当に自分や人の価値を認めることができず、コントロールゲームに陥る場合がある。

 

 

 

         f:id:amenokagami:20170922102108p:plain

 

 

 

 

♥ 第四 アナハタ(ハート)チャクラ 

 

「慈愛・無条件の愛と許し」のチャクラ。

 

ただ「あなたで在る」ことを認め、それ自体を愛する、何もしなくとも存在するだけで、自分には価値があると思える。

 

色彩 = エメラルド・グリーンを基本とし、ピンク・金色・赤など、人により様々な色彩となる。

 

 

参考司神 = 自己のハイアーセルフ、マスター・イエスロード・キリスト・サナンダなど

 


安らぎ・共感・許しの心・信頼感・思いやり・審美眼。

 

自己との統一感の後の、他者との調和・慈悲・献身・人類愛。

 

活性化していると、精神面は、開放的・落ち着き・思いやり・くつろぎ・許し・慈愛・献身・人を癒す力に目覚める。


肉体的には、免疫力が強くなる。

 

不活性だと、無感情・孤独感・自己中心的・嫉妬心など。

 


ハートは、下位の1~3と上位の5~8のチャクラをつなぐ位置にあります。

 

1~3は、物質世界に関係し、生命を維持し、感じ、楽しみ、表現し、行動し、所有し、何かを成し遂げようとします。

 

ハートセンターは、そういう力に新しい視野を与えます。

 

外(物質)の世界でなく、内なる世界というステージです。

 

感情や思考で行われていた行動は、今度はハートから、愛から成されていくのです。

 

あるがままの相手をあるがままに愛する

 

そんな、無条件の愛を司る、つまり、「人間として一流になる」ことです。

 

アセンションにおいてハートは、自己の中心・センタリングの最初の基本であり、

 

最初のアセンションスターゲイト

 

 

実践として、まずは自分の中心を、いつもこのハートセンターに置くことから始めましょう!!

 

すると、ワクワク、楽しい、幸せ、感動、ウルウル~~~!!!

 

のポジティブを感じるのみに!!!\(^◇^)/

 

 

f:id:amenokagami:20170922131718p:plain

 

 

 アセンションとは、幸せになること!!!(*´▽`*)

 

の、象徴的チャクラですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャクラとは!? 4

 

前回までのことより、チャクラとは、最も肉体に近いエネルギー体(エーテル体・アストラル体)にあるエネルギーのセンターで、


●肉体より上のレベルのエネルギーを、肉体に供給する役割を果たす。

 → 心体の健康にとっての源

 

●地上で、肉体より上(高次)のエネルギーを発現する、最初のレベルのセンター

 → 高次エネルギーに対する5感(目・口・鼻・耳など)=感応のセンサー


と言えるでしょう。

 


では、さらに詳細に各チャクラの働きを見ていきましょう。

 

 

 

◎7つのチャクラの色・位置・名称


f:id:amenokagami:20170921231721p:plain

第四のアナハタ・ハートセンターは、下位の1~3と上位の5~7をつなぐ位置にあります。

 

1~3は、物質世界に関係し、5~7は、高次への目覚めと解放に主に関係します。

 

 

 では、次から一つ一つの働きを観ていきましょうね。(*´▽`*)

 

 

 

◎各チャクラ

 

♥ 第一 ムーラダーラ(ルート・基底)チャクラ 

 

生命とアセンションのエネルギー=クンダリニー=基底から、各チャクラをとぐろを巻くようにしながら上昇し、浄化・昇華・活性化して霊性を高めるエネルギー。

 

第一光線=アセンションのための次元をつなぐ柱となり、人と根源をつなぐ神の第一光線の柱の起点となるチャクラ

 

「生命力・意志を形にする」「家族・集団の安全(同族意識の力)」に関するチャクラ

 

参考司神 = マスター・エル・モリヤ

 

自己の意志を実現化する力となるグラウディング(地に足をつける)にかかわり、地上での活動に大きく影響する。

 

活性化すると、肉体的には生命力にあふれ、血流が良く、エネルギッシュ。

 

精神・行動面では、行動力、遂行力、安定感に富み、継続する、持続する力が発揮されるので思いを実現していく力、着実な進展を行う持久力となる。

 

グラウディングし、自分自身のために立ち上がる力が発揮される状態。

 

アセンションにおいては、その起点となる【意志】を司り、どんな状況、どんな時も、アセンションを遂行していく不動の意志・思い・願い・気愛・スッポン・・など推進するパワーの源となる。

 

「すべてはひとつなり」の聖なる真理の拡大となっていくと、

 

「自分自身のために立ち上がる力」

 

    ↓


「みんなのために」

 

の真のライトワークの状態となる。

 

 

不活性だと、現実の世界を積極的に生きにくい状態となる。

体調面では、元気が無い・病弱・貧血・・など。


精神面は、ここにいない・自分の世界に引きこもる・無気力・不安・鬱・・など。

 

 

              f:id:amenokagami:20170922090521p:plain

 

 

 

アセンションとは、次元上昇と訳されることが多いですが、まさに、この上昇するパワーが基底から発動されることで、アセンションしていくという、とても重要なチャクラとなります。\(^o^)/

 

 

 

 

 第二 スワディスターナ(へそ・丹田)チャクラ 

 

「感受性・感情・セクシュアリティ・創造性」

「人間関係(自己と他者)の力」に関するチャクラ。

 

参考司神 = マスター・クートフーミなど

 

活性化すると、自由に感情表現ができ、自分を受け入れ、自分自身で生き延び、自分を守っていける能力とスタミナが出る。

 

お母さんの子宮の中で安心していたように、あるがままの自分を受け入れ認める「安心」とも関連する。


外交的で、何事にも挑戦する力や、創造性(自己表現)がある。

 

アセンションにおいては、肉体をもって高次エネルギーを体現していくことと関わり、肉体(それに近い次元)のパワーの中心となる丹田仙骨の力を活性化させることで第一光線の上昇と、高次のエネルギーをグラウディングさせるサポートをする。

 

「互いを尊重すべし」の聖なる真理が拡大すると全ての存在・生命を認め、相手の最良の部分を引き出すことができるようになる。

 

不活性だと、感情を抑圧し、自己否定を抱く。

支配欲や、セックス依存、性的興味がなくなる・・など。

 

f:id:amenokagami:20170922092756p:plain

 

 

 

 

 

 

チャクラとは!? 3

          f:id:amenokagami:20170921132835j:plain

 

チャクラとは、サンスクリット語で「回転する車輪」と意味するように、エーテル体・アストラル体に渦を巻いて回転しながら存在し、エネルギーの送受信をするところと言われています。

 

 

     f:id:amenokagami:20170921133111j:plain

 

 


エネルギー体は、肉体を包みこむようにして存在している肉眼では観えない私達の体で、オーラもその一つと考えると理解しやすいのではと思います。

 

 

 

       f:id:amenokagami:20170921133339j:plain

 

 

私達の肉体は、言わば精妙なエネルギーの海の中に内包されているような状態で、創造のプロセスとしては、高次元が低次元の基となります。

 

つまりアストラル体エーテル体のエネルギー体が先に形成され、その形成地場のなか、物質化したものが肉体であり物質次元、ということになるということですね。

 

なので目に見える世界は、観えないエネルギーの状態を映し出したもの、ということになります。

 

 

【宇宙】は、

 

根源の一粒の光(フォトン)から全てが生まれ、

 

その光(粒子性)が分光して光線(波動性)となり、

 


根源から大いなる意志の元、各次元を下降していき

 


(メンタル体)・アストラル体エーテル体となり

 


最後に物質化した3次元の地上誕生となる、

 


という壮大な物語であるようです。

 

 

f:id:amenokagami:20170921134903p:plain



 

 

そのように高次より降りてきた光線の、人体での中枢=エネルギーのセンターが、7つのチャクラとなります。

 

 

高次からくる生命エネルギーは各チャクラから肉体へ送られ、対応する体の各部位・臓器に届けられます。

 

それを受け取った各部位・臓器は働きが活性化され、そのエネルギーがチャクラを中心に全身から発信されます。

 

息を吸ったり、吐いたりするように、チャクラもエネルギーの呼吸をしているイメージでしょうか。

          f:id:amenokagami:20170921140655j:plain

 

 

このように私達は食物からだけでなく、見えないエネルギーパワーで生かされている、
それが生命エネルギーで、大いなる生命の源だと言えるようです。

 

生命エネルギーとは、主にプラーナです。


メンタル(思考)体・アストラル(感情)体の状態が肉体に反映されますので、思考や感情のネガティブなエネルギーがある場合は、肉体に出る前にチャクラレベルで浄化・昇華すると、病気を未然に防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

人と地球とチャクラの関係性 2

 

現在、チャクラは、ヨガやヒーリング・スピリチュアルの世界などで

身体に病気などの現象として現れる前のエネルギー調整や、

様々な過去や感情の情報を読み取る媒体として用いられ、

心身のバランス調整に活用されているのが一般的のようです。

 

つまり自己のエネルギー調整であり、個人レベルの範囲のものが主ということですね。

 

しかしアセンションを目指すのであれば、これからは個人レベルに視点を置いたものだけではなく、地球・宇宙のアセンションに対する働きの一部、宇宙の【一器官】となるよう、シフトさせる必要があると感じます。

 

なぜなら、宇宙の各次元を構成する事象の関係は、雛型論でとらえることができ、

 

 

f:id:amenokagami:20170921110754j:plain =f:id:amenokagami:20170921111341j:plainf:id:amenokagami:20170921111449j:plainf:id:amenokagami:20170921111631j:plain


   宇宙      =    地球   =   日本   =    人

 

 

 

   f:id:amenokagami:20170921111839j:plain =   f:id:amenokagami:20170921111631j:plain


      太陽     =      人

 

 

ということになます。

 

すべてのミクロとマクロは相似象ということですね。

 

人はサイズはミクロなんだけど、マクロ事象の地球・宇宙のひな形で、地球・宇宙と《つながり・連動する》と。


つまり、一人ひとりのチャクラが活性化して本来の働きをするようになると、全体のアセンションを推進していくことができるようになり、地球・宇宙も本来の姿へ、更にアセンション推し進める原動力となる、ということだと思います。

 

全てはつながり、連動して進化しているのですね。

 

ということで、チャクラは超重要アセンション・ツールと言えるようです。